よくある「再発防止」の誤り

いままで多くの企業で実施されてきた「再発防止」には、次のような誤りがあります。

 

1、トラブルの事実が正しく把握されていない。
 ・トラブル現象の記述が曖昧で、分かり難い。
 ・情報が多過ぎると冗長となり、問題解決の妨げとなる。

 

2、根本原因が追究されていない。
 ・現象と原因が区別されず、表面的な原因で終わっている。
 ・
表面的な原因からでは、効果的な対策が見つからない。
 ・対策ありきの原因となっていることがある。
 ・
対策がやりっ放しで、対策の有効性が検証されていない。
  ==> PDCA が回っていない。

 

3、将来リスクの気付きが弱い。
 ・過去の失敗事例から学んでいない。
 ・
成功事例からの学びも必要。なぜ成功したのか
  ==> 無策の無事故は偶然で、再現しない。

 

このようなことを繰り返していると、再発が止まらず、トラブル処理が続きます。

 

未然防止研究所では、正しい「再発防止」「未然防止」の方法をお伝えしています。