顧客クレームに必要な危機管理について

顧客クレームに必要な危機管理について

企業経営において、顧客満足を追求することは非常に重要なことです。どの企業でも、顧客のニーズを把握し、顧客満足を考えてサービスを提供していることでしょう。

しかし、顧客のニーズは時代とともに変化・多様化していることから、企業と顧客に価値観の差が生まれ、クレームは増加傾向にあります。こうした顧客クレームは昔から存在し、これまでは危機管理の王道的な手法で対応されてきました。

現在、危機管理の王道的な手法だけで顧客クレームに対応することは難しくなっています。それは、クレームの種類が増えているからです。正当な要求を訴えるクレームは企業にとって有益なものになりますが、金品目的やストレス発散などの悪質なクレームは、その場の対応で収めることができても、根本的な解決にはなりません。

つまり、企業は顧客クレームが起こってから対応するのではなく、クレームが発生することを想定した危機管理に取り組む必要があるのです。

セミナーで危機管理の考え方を掘り下げる~中堅ビジネスパーソン(管理職)を対象にしたセミナー~

セミナーで危機管理の考え方を掘り下げる~中堅ビジネスパーソン(管理職)を対象にしたセミナー~

セミナーで危機管理について考えてみませんか?これからは、顧客クレームが発生してからの対応ではなく、未然に防ぐという考え方で危機管理に取り組む必要があります。

【未然防止研究所】では中堅ビジネスパーソン(管理職)を対象に、リーダーシップ研修を行っているほか、未然防止の考え方や方法を講演・セミナー、本でお伝えしております。講演・セミナーのご依頼は全国からお引き受けしていますので、お気軽にお問い合わせください。

危機管理のセミナー・本でお伝えする現場目線の対策

危機管理のセミナー・本では現場目線で、クレームが起こった際の「緊急対応」、同じクレームを発生させない「再発防止」、将来のリスクを想定して対策を講じる「未然防止」についてお伝えしております。業務上のトラブルや事故の多くはヒューマンエラー(ミス)によるもので、未然に防ぐことが可能です。企業規模などを問わず講演・セミナーを行っていますので、是非ご依頼ください。

セミナーで危機管理について学ぶなら【未然防止研究所】へ

会社名 未然防止研究所
住所 〒146-0093 東京都大田区矢口 1 – 8 – 23
携帯番号 080-8892-3430
URL https://mizenboushi.com/column