これからの危機管理のあり方について

これからの危機管理のあり方について

企業を取り巻く環境が大きく変化している今、不祥事やシステム障害、賠償請求や内部告発など、予想外の危機に見舞われ存続が危ぶまれる企業が後を絶ちません。こうした状況の中で、重要性を高めているのが「危機管理」です。

危機管理とは、企業経営に重大な損失をもたらすトラブルが発生した際に事態が悪化しないように行う活動のことをいいます。企業を取り巻くリスクには様々なものがあり、業種や規模、事業形態や業務プロセスによっても変化するものです。

特に近年は、技術進歩や社会の複雑化により、リスクが多様化・巨大化しています。そのため、危機が発生してから対策を講じるという流れでは遅すぎるのです。危機に対して備えるためには、「未然に防ぐ」という考え方で危機管理に取り組む必要があります。

セミナーで危機管理の意識を高めて未然防止!

セミナーで危機管理の意識を高めて未然防止!

セミナーで危機管理の意識を高め、危機の未然防止に取り組みたいとお考えでしたら【未然防止研究所】がサポートします。未然防止という考え方とその実践方法の啓蒙活動を通して、ヒューマンエラー(ミス)による業務上のトラブルや事故を未然に防ぐ方法を提供しております。セミナーはご依頼をいただければ全国どこへでも伺いますので、お気軽にお問い合わせください。

セミナーで危機管理の取り組みをお伝えする【未然防止研究所】~トラブル防止・事故防止のために重要なこと~

セミナーで危機管理の取り組みについてお伝えしている【未然防止研究所】は、トラブル防止事故防止のためには将来のリスクを想定して対策を講じることが重要であると考えております。発生していない問題を想定して対策を講じるというのは難しく感じるかもしれませんが、ちょっとしたリスクへの気付きで未然防止は可能です。

トラブル処理に追われる現状を変えるには、再発防止だけでは十分とはいえません。将来のリスクに気付き、業務上のトラブルや事故を未然に防いで、モチベーションアップを図りましょう。

セミナーで危機管理について学ぶなら【未然防止研究所】へ

会社名 未然防止研究所
住所 〒146-0093 東京都大田区矢口 1 – 8 – 23
携帯番号 080-8892-3430
URL https://mizenboushi.com/column